飲食したぶんの重量が増える、ダイエットに向けてのヒント

ダイエット日記

生きていく上で、飲食は欠かせませんね。

そして、ダイエットで気になるのも飲食です。

 

かんたんなことですが、飲食の重量が体重の増加分です。

 

食べた重量ぶん体重が増えます。
コレは当然ですよね。

 

何を食べたとしても、100グラム食べたら、体重は100グラム増えます。

スポンサードリンク

 

ライスを100グラムでも、ショートケーキ100グラムでも同じです。
おんなじように100グラム増えます。

 

ここがポイントなんです。

 

ショートケーキは甘いから100グラム食べたら、体重は1キロ増える。
そんなことはないですよね。

 

増える重量は明確です。

 

そして、減らす量は人それぞれです。
どうやって減っていくかは記録から求めます。

 

そのためにはどれだけ食べたのか、と、日々の体重の記録から判断します。

 

毎食、どれだけの重量を食べているのか記録は必要。
これは、以前カロリーダイエットをしていたときからやっていました。

 

 

使うものはキッチンスケール。

 

 

重さだけを測って、記録する。

 

で、先程の考えに戻ります。
「食べた重量ぶん体重が増えます。」です。

 

測ったぶんと同じですよ。

 

コレで一日どれだけ増えるかが、キッチンスケールによってわかります。

 

スポンサードリンク

が、食べたものは時間とともに消化され、一部は排出、一部は消費、一部は蓄積、、、などなど、変化していきます。

これを知るのが次のポイントです。

 

減っていくぶんは別の方法で図ります。

それは、体重計です。

食べる前と食べたあと、体重を測ります。

一日3食ならば6回です。

 

 

朝食の前に測るのが、一日の上で一番体重が軽いでしょう。

一番重いのは気にしていません。

 

気にするのは飲食の前後だけ。

どれだけ増減しているのかをまず知るのです。

どけだけ食べたら、どれだけ体重が増えるか。

コレを知るのです。

 

毎日の朝食前の体重が、連続して記録できたのなら、毎日の食事重量と比べてみてどう変化しているのか。

 

増えているのか減っているのか、ここをポイントとして捉えましょう。

ご自身がどのようなものを食べたら体重が減ったか、また、どのようなものを食べたら体重が増えたか、を知るのです。

 

どうしたら体重が減っているのか、どうしたら体重が増えているのか?

全ては記録ベースです。





応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ 



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました