怖いダイエット広告がひんぱんに出るんだが

ダイエット日記

こういうブログをかいていると、Web見ているとこっちの方面の広告がたくさん出てくる。
そう、ダイエット系の広告だ。

 

普段Webを見るのにはGoogle Chromeを使っている。
これはいつもどのような方面に興味があるのか、を、ブラウザが判断してる。
と、言うものだ。

 

なので、ダイエットのことばかりかいていると、当然ダイエットの広告率が高くなる。
で、いろいろなダイエットの広告を見ていて、すごく疑問に思うことがある。

 

食べる量が変わらないのに、体重が減っていくというストーリー。
一つの広告だけじゃなく、いくつもあるのだ。

 

スポンサードリンク

 

わたしがやっているダイエットの方法は、食べる量に着目したもの。
広告を見ていて、すっごく矛盾を感じるのだ。
しかも、身体に悪そうだと思う。

 

だってそうでしょ、肥満だった頃と食べる量が変わらないのに体重が減っている。
これは、「明らかに身体に異常が起こっている。」
そう考えるのほうが正しいと思うんです。

 

今までの食べ方で肥満になったのだから、食べる量に着目しなくっちゃ。
というのがわたしの持論。

 

そういえばそれらのダイエット広告には、お決まりのように、トイレの話題が出てくる。
どさっと。
とか、表現されている。

 

重さが減るのは、どさっと、で、わかるが、身体がスリムになっていくっていうのは、脂肪が消費されている。って言うことでしょ。

 

何度も言う、食べる量が変わらないのに、脂肪が消費されている。
おかしいよね。

 

身体のエネルギーが足りていないから、脂肪が消費されるんだよね?
食べる量が変わらないのに?

 

ね、おかしいでしょ?
その食べているぶんはどこへ行ったの?

 

かんたんに考えると、食べたぶんは、どさっと直行したんじゃ?
だよね。

 

やっぱ、身体に異常が起こっている。
そう思っちゃう。

 

ねえ、食べる量、減らそうよ。
その、どさっと、身体に悪そうだよ。

スポンサードリンク




応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 50kg台(男)へ 



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました