飲食の記録と、食べたいという気持ちを抑えて

ダイエット日記

飲食の記録をしていると、食べているものがあとの日になってもわかる。
大抵記録を使うのは次の日の朝。朝市で体重を測ってから、前日との増減を検討するときに飲食の記録を見る。

 

体重の増減がどこの飲食で発生しているのか、それを知ることができる。

 

これは記録があるからこそできることである。
なんとなく過ごしていたら、体重は増えるだろう。

 

スポンサードリンク

 

今日、体重が増えたのはこれを食べたからとか、一食減らしたから体重が減っているのかも、と言う具合だ。

 

体重の増減は飲食によるもの。
そう考えている。

 

日常の運動で、ダイエット目的で行っているのであれば、それも視野に入れたほうがいいだろう。

ここでは記録に追加することになる。

記録は見返してこそ価値が出る。そう考えている。

 

記録は紙でやっている。

スマホでもいいし、パソコンでもいい。

後で見返しができるものなら何でもいい。

 

 

体重の記録はスマホアプリでやっている。

折れ線グラフ化してもらえる。そこが便利だ。

 

体重は折れ線グラフで観るのをおすすめする。

一目でわかるからだ。

スポンサードリンク

 

 

 





応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ 



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました