年が明けたということで

2017 1月 01 ダイエット日記 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ayumu

2017年元日になってしまいました。

去年(2016年)の元日に掲げた目標、「2017年の元日に体重を59kgにする」の当日です。

結果はさておき、「ダイエットはやっぱり記録だよな」を思い知らされた2016年でした。

冬に差し掛かるときに気づいたのが幸いでしたが、あのままダラダラしていたら2016年の元日の体重を超えているところでした。

 

ことしは「食べたもの記録」をすることとします。

ブレることなく、このダイエット方法を続けていきます。

このヒントに成ったのは、昔流行った方法です。

こちら↓です。

 

この本に従ってダイエットを進めた結果、みごとに体重59kgを達成しました。

でも、ダイエットに終りがあると思っていたその頃は、体重59kgを達成した翌日から食べたもの記録をしなくなり、更には甘いものに走り続けました。

そう、お決まりのリバウンド行きでした。

そして、みるみるうちに80kg近くまで体重が増えたのでした。

 

それから、ふたたび「食べたもの記録」をすればよかったのですが、何を思ったのか別の方法に手を出しいろいろなダイエット方法を試しました。

当然のことながら、まったく体重が減ることなく今に至りました。

冒頭に書いたとおり、この冬に差し掛かるところで「食べたもの記録」を思い出しふたたび「食べたもの記録」をすることになりました。

 

スポンサードリンク

 

なんでも記録することは良し悪しがありますが、わたしの場合は良しだったのでしょう。

おかげでいちにち12リットルもの水分を飲んでいることもわかりました。

冬場だけ冷え性になっていて、「おかしいなぁ~」と思っていたところでしたので解決策が見えました。

 

一日に飲む水分量を減らしました。

どうしてもやめられないときは温かいものを飲むことにしたのもこの冬からです。

室温18度以下になると寒かったのがウソのようです。

今では室温15度でも暖房無しで大丈夫です。

 

あ、友人宅は暖房無しでは室温が5度になるそうです。

大正時代の建物で、「夏をもって良しとせよ」と言われていた建物なので、夏場は涼しくていいのですが冬場は大変だそうです。

余談ですが。

 

しかしまあ、今年の元日は暖かですね。

関東地方西部在住です。

雪と縁のない生活です。

乾燥はしますが。

 

わたしの家は断熱効果抜群で、夏も冬も快適です。

大枚を叩いたかいがありました。

おかげで冬場でも室温が10度を下回ることはありません。

これも余談ですね。

 

では、2017年の元日の計測結果を観てみましょう。

 

スポンサードリンク

今朝1日(6:50)の、

体重 71.5kg   (前日比:-1.2kg)

体脂肪率 23.9% (前日比:-0.3pt)

へそ周り 91.7cm (前日比:+2.4cm)

摂取カロリー  ?kcal

でした。

 

ちなみに、2016年の元日の体重は77.1kgでした。

一年で5.6kg減らしたことになります。

...あまり変わっていないですね。

 

へそ周りは、メタボ基準値80cmを上回っているし。

ダイエットしました。

とはいえませんねぇ。

 

目標だった、「体重59kgになる」は遠く及ばず。

12.5kgも残っています。

と、言うことで、今年の目標を立てました。

 

[今年の目標]

2017年7月31日までに

「体重を59kgにする」そして、「2018年の元日までキープする」

です。

 

目標まで12.5㎏です。

 

あえて夏の時期を期限にしました。

もうタラタラやっていられません。

7ヶ月でやっつけます。

 

7ヶ月といえばたくさん期間があるように思えますが、28週間だけです。

あっという間です。

おおまかな計算では、一週間で500グラム減らしていくと達成できます。

と言うとかんたんですが、これは減らし続けなければなりません。

 

途中で体重を増やしてしまったならば、一週間で500グラム減らす計算が600グラムとか、700グラムになっていってしまう可能性もあります。

一直線で減らすのは、実はむづかしいのです。

そこをあえてやろうというのです。

さあ、日々の結果を追っかけてください。

 





応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 50kg台)へ 


スポンサードリンク

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.