メタボはどうして危険なのか?

2012 8月 09 メタボとは? 0 コメント » このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by ayumu

 

日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は、動脈硬化が要因となる病気なのです。

この動脈硬化とメタボリックシンドロームは深い関係があります。

内臓脂肪型肥満をベースに糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、複数が重なることによって、動脈硬化を進行させます。

そして動脈硬化から心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を急速に招くのです。

 

糖尿病、高血圧症、高脂血症の危険因子が重なるほど心臓病等の発症の危険性が高まります。

危険因子を1つも持っていない人を危険度1とすると、危険因子を1つ持っている場合は5.1倍、2つ持っている場合は5.8倍、3つ持っている場合は35.8倍と急激に危険度は上昇します。

スポンサードリンク

 





応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 50kg台)へ 


スポンサードリンク
前の記事(Previous)
水分調節、難しいですね
次の記事(Next)
メタボのベース
«  メタボはどうして危険なのか?  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.