中学生と、パソコン

きのう、下の子(小5)の公文の中学(数学)課程終了テストがあり、厚木まで行ってきました。 朝早く出たので、本厚木駅で30分ほどひまつぶしし、テスト会場に向かいました。

今では、下の子は高校1年生相当の数学の問題に取り組んでいます。 ちょっと自慢かな?

今朝15日(4:55)の、

体重 76.3kg  (前日比:+0.3kg) 体脂肪率 25.6% (前日比:+0.7%)

きのうの歩数 12,889歩(2日分です)

でした。

子供が使うPCに時間制限ソフトを入れました。 当初、「1回30分・一日3回まで。」という約束の下で使わせていたのですが、自分の部屋に持ち込んで、一日中ネットをやっていたので、制限ソフトを導入したのです。

制限ソフトでは「一日120分まで」と、設定しただけですが、これに気づいたときに子供が怒り狂って暴れまわりました。

大人でも恐いネットの世界、子供用PCにはフィルタを設けていました。 このフィルタに安心していたわたしは、フィルタの設定に抜け道があることを発見したのです。

夜間ネット使用禁止に設定していたのですが、ある特定のアドレスへはアクセスできてしまうのです。

その設定の中にYou Tubeを入れていたのです。

まあ、You Tube内の動画には害はないと思うのですが、夜間延々と動画を見続けていることには、健康に害すると思いました。

さらには、「見るだけ」と約束していたブログを自分で作製していたのです。 いまは、携帯電話のメールアドレスでもブログが開設できるとのことです。

PCメールを使用させていなかったにもかかわらず、ブログを作製していたことを不思議に思っていたのですが、「タグの練習HP」とか言って私にごまかしていました。

PCを使っているうちの子供は中学生です。 ブログの世界に中学生がたくさんいるらしいのです。

どんな考えで親たちはブログを中学生に使用させているのでしょうか?

わたしは危ない情報のやり取りがされることが心配なことと、未成年のうちは保護者が全責任を取らなければならないと思っているので、PCを使用することには反対です。

さらには、中学生が携帯電話を持つことも反対です。不必要だと考えています。 本体自体も今では高額ですし、月々の支払もお小遣いでは足りないのは充分にわかっているはずです。

「仲間はずれになる」と、妻の一言で携帯電話を持つことを許可してしまいました。 今では妻も後悔しています。

通話料は子ども自身に家の手伝いをすることで、アルバイト料としてお手伝い一回XXX円と決めていて、それを積み立てて通話料に充てています。

スポンサードリンク

最近は、めっきり家の手伝いもしなくなりました。 まあ、まだ2月ですので、お年玉という強いアイテムがあります。 まだいいでしょう。今のうちは。

先々に携帯の通話料はどうするのでしょうか?

 

話がずれましたが、 今回のソフトの導入でPCは夜間の使用を禁止(6時から21時までは無制限使用可能。)にすることと、 フィルターからブログの参照を可能に設定していたのを取り除き、ブログ参照不可にしました。

You Tubeは、参照可能のままにしています。

さて、今後どのようになっていくのでしょうか? わたしとしても、子供への対応を勉強しなくてはなりませんね。

 

応援ヨロシクです。

 

 





応援ヨロシクです。
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ 



スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました